こだわりのトロフィー☆購入サイト6選

ホーム > トロフィーについて > トロフィーの種類と利便性の高いアイテム

トロフィーの種類と利便性の高いアイテム

 どれも同じと考えられているトロフィーですが、実はとても多様な種類があり、奥の深い物とされています。
大きなカップのようになっている定番のタイプばかりではなく、台座にその大会の象徴を使ったタイプや、象徴的なモチーフを使ったものが少なくありません。
たとえばゴルフのコンペで優勝した人のためにプレゼントされるトロフィーは、プロゴルファーがドライバーを打っている姿ということもあります。
また、動物の品評会で優勝した人が持つ物は、動物をモチーフにした形状の物であることも少なくありません。
そのため、単純にトロフィーといってもイベントのコンセプトや主催者側の希望にあわせて、デザインは大きく変化していくといえるでしょう。
どうしても理想どおりのデザインを思い浮かべられなかったら、制作会社のデザイナーに相談し、デザインしてもらう方法もあります。


 金属でできていればトロフィーというわけではなく、使用されている金属も種類や製作希望者のニーズに合わせて大きく変化できるのが特徴です。
主に使用される金属としては、合金・真鍮をはじめとした金属が多く、ニーズに応じて選ばれてきました。
金属の素材を変えるだけでも、出来上がったときの印象が大きく変わりますので、利用するときには注意してチェックしてください。
また、メッキや樹脂、アクリルを利用することで、非金属と呼ばれる部分が増え、より個性的なデザインとなるでしょう。
ガラスを利用したトロフィーを製作しているイベントもあり、通常のメッキを使ったアイテムばかりではなく、多様性が広がっているといえるでしょう。
作る前には業者に相談することで、満足できる素材選びが可能となります。


 製作する場合には、イベントのコンセプトばかりでなく、一歩踏み込んだ意見を述べることが求められています。
コンセプトである程度のデザインを説明してもらうことはできますが、プロのデザイナーのようなデザインを可能としている企業を見つけることで、より魅力的なアイテムを作ることが可能となるといわれています。
そのため、デザイン性にこだわるのか、予算にこだわるのかを、前もって社内で話し合っておくことが重要です。
リーズナブルな価格だけでなく、良質なトロフィーを作り続けている職人の技術力に対して敬意を表する場合に依頼することもあるといわれています。
コンセプトや利便性の高いアイテムを活用する事で、イベントの成功につながるといわれているため、製作前に必ずチェックしてください。

次の記事へ


カテゴリー

ページトップへ